青鬼の物語を『館連続殺人』ということにしました。 
そして青鬼を主人公に危害を加える人物の修飾としました。 
そして謎は解けました。 
青鬼は本当に悲しいストーリーでした。
皆さんも真実にたどり着ければよいのですが。
2013-12-09 00:17:44  真実の魔女
青鬼の考察に唯一とした真実は存在しません。
悲しい考察も、愛のある考察も、それはその人の真実でしかありません。
それは他の人の真相ではないのです。

『青鬼が存在する』『青鬼は存在しない』。
この二通りの捉え方で、まず考察内容は変わります。
そしてそれは二つが真実として成り得ます。

青鬼は悲しいストーリーなのでしょうか。 
僕には、そうは思えません。
僕の真相には、愛を盛り込みたいと思っています。
でもそれは僕の真相。あなたの真実はあなたが守ってください。

漫画ガンツの8巻を読みましょう
2013-12-09 09:01:48 名無し
僕が言えるのは、ちゃんとコメント返信しているのにわざわざ便乗して、
更に名無しであるあなたの精神状況に不安を覚える、くらいでしょうか。
それ以上はブログ主として失格の気がします。


お前きもいな 
これってただのGANTZのパロだろ
2013-12-11 14:15:57 名無し
僕が言えることはありません。なぜならばブログ主だからです。

ブログ主という枷を外して言うなれば、
あなたがこれを言ったところで、僕がどうなると思ったのですか。
傷ついて青鬼考察やめます、ブログ引退しますとか言って欲しかったんですか。
傷つきはしました。しかし一行目であなたの人間性がわかった為
しっかりスルーすることができましたね。
あなたはゴミです
それ以上ではないですが、それ以下の可能性を否定しません。 

 

青鬼は、どのバージョンも非常に興味深く、
またバージョンが進むごとに謎が深まっていくため、大好きです。 
強いて挙げるとするならば、ver1.0が好きですねー♪ 
あ、私はホラーファンタジー説、
ホラーミステリー説の両方の学派に位置しておりますので、
どんな考察でも楽しく聞いておりますw 
ミステリーの基本『ノックス十戒』、『ヴァンダイン二十則』を駆使して、
青鬼のホワイダニットにたどり着きました。
あなたのホラーファンタジー側の考察も非常に興味深かったですが、
もしその気になれば、
ホラーミステリーの考察もやってみてはいかがでしょう?
きっとあなたなら青鬼の気持ちがわかると思います。
2014-01-02 15:43:00 致死武器
という致死武器様の提言により、僕もミステリーに
入ってみることにしました。
実際に終わっているのはver1とver3ですが、
(正確に言えばどちらも終わり目前で考査関連の為ストップ)
これは本当に面白いですね。僕の友人にも話して薦めてみたところ、
初めは「はぁ?解けるわけないだろw」という拒否でしたが、
実際に僕が『こういうふうにすればここまではたどり着ける』等の
ヒントを出してみたところ、「お…あ、ほんとだ、確かにたどり着ける…」と
興味を示しだし、最近では「青鬼考察やろ」と誘っていただけるまでになりましたwwww

それも楽しいのですが、二つ目として
『厨二病テンションを用いないと逆に分かりにくくなるため、
久しぶりに、こう、ブワサッってしながら話したり呟けた』という点ですね。
いうなれば周囲の目を気にしないで厨二病できるというところです。
「もう厨二病なんて終わった」という人でも、案外やってみると
いいストレス発散になりますよ。解けたらですが。

たかしってだれ?wwwwww
2014-01-31 20:47:36 名無し
指摘ありがとうございます。名無しさん。
毎度指摘してくる人は名無しなんですね。
そんなに自分の精神年齢が察しられてしまうのを恐れる必要は無いですよ。
本文で察することが出来ますので。

話を戻しましょう。
その指摘方法は全くと言って良いほど正しいものではございません。
もう一度どこかで学び直せる機会があれば良いですね。
そんなこと僕の知ったことではありませんが。
 

考察2クッソワロタwwww
スケートリンクの人wwwwwww重量挙げの人wwwwwwwww
2014-02-14 20:40:30 名無し
解決策や自分の意見を一切出さずに否定することは、
本当に簡単です。これは僕も経験しました。
本当に簡単なんです。
だから努力しない人間はついついそちらに行ってしまいます。
でもそれじゃ駄目ということ程度、あなた方にもわかりますよね。
どんな長文になっても構いません。僕はその長文を全て読みます
だから、貴方の真相を教えて下さい。
もし伝えられないのであれば、あなたはゴミです。
IPはこちらで分かっておりますので、なるべくIPを変えないようにして
あなたの真相を、僕に伝えてください。