雑な談話ブログ。略して雑談ブログ。

『オコサマネ』と申します。タイトル通り、特にテーマは決めておりません。ニコ動に新作うpをした時や、青鬼について書きます。

タグ:感謝

1/3 青鬼ノベライズの件で、追記更新

---------

こんにちは。オコサマネ(アスタリスク)と申します!

うおおおおおおお!!! 100000アクセス、本当に有難うございます!
十万アクセスです!十万アクセスですよ!わーい!!

取り敢えず感謝の言葉を!
本当に十万の方には、感謝をしてもしきれません!
レビューや使い方を見るために来ていただいた方にも、
僕の拙い教え方や考察を見ていただいた方にも、日記を読んで下さった方にも、
本当に心の底から感謝感謝です! 感謝分が足りないですが!

コメントをしていただいている多くの方には特大の感謝と愛(←これは要らないか)を!


------
100000アクセスを記念して、青鬼ネタを一つ。
2012122801
青鬼小説化が決定したようです!〈情報源〉公式ノベルです!
『別に死を選ばなくたって、この世にはたくさんの逃げ道が用意されているんだ―』
 
 原作:noprops(様) 〈→青鬼〉
 著作者:黒田研二(様)
 絵:鈴羅木かりん(様)
 出版会社:PHP(様)

表紙を見ると、何やら見慣れないキャラが二人居ますね…。小説オリジナルの話かな。
あとは、フワッティーが居ることから、ver6かそれ以降ということが考えられます。
つまり、ver6.5となるか、ver7になる可能性が高いということですね!

…個人的には、美香が想像より可愛いことに驚きを隠せません。あと拓郎の表情に何が。

値段は2012/12/30時点で1000円の予定です!
販売予定は2013年2月27日です。
 Amazonアニメイトで予約受け付けなう!これは買うしかないですね。
 
----
コメント返信 
100,000おめです!!!! いままでお疲れさまでした! 
今後もがんばってください^^
2012-12-13 18:20:04 -No name 
ありがとうございます!ここまでこれたのも、皆様のおかげです! 
どうぞ、これからもよろしくお願いします! 

ではノシ 

---
追記。 青鬼ノベライズ化について。

Amazonにあらすじがありました。
ある町のはずれ、四方を高い壁に囲まれた広大な敷地の中に巨大な洋館があった。
内側の様子はまったくわからない。
今は誰も住んでいないはずのこの洋館にはきな臭い噂がいくつも存在した―
「この洋館に入るだって?冗談だろう・・・?」
たけしの反対を振り切り、強引に洋館の中へ皆を連れ出す卓郎。
これからこの洋館が凄惨な舞台になるとも知らずに・・・・
…さあ、何処かに「あれ?」と思う場所がありませんでしたか?w


…そうです、この話では、誘うのは 『拓郎』、拒否をするのが『たけし』ですね。

でも、ゲーム版で「俺が肝試しに行こうなんて言わなければ…」と懺悔しているのは、
たけしです。 つまり、ゲームでは、誘うのは『たけし』で、拒否は誰もいません。 
精々あるとしても、「お化けなんて非科学的」と否定するひろしでしょうか。

つまり、全くの別物のパラレルワールドとなっている可能性があります。
一応、考察の為購読するつもりですが、ゲームと小説で解釈が異なるかもしれませんね。  

皆さんも、考察をしてみるのも面白いと思いますよ! 

ブログ記事件数/ブログ開始日数=更新ペース
これをすると結果こうなりました。

218/462=0.4718614718614719..........

つまり!…どういうことだってばよ? 
ああ、分かりました、つまりは、
一日に約0.47の確率で更新するということに…なるのか?
(↑言い出したくせにわかってない)
もしこれがあってるとするならば、約三日に一度の更新ペースってことですね。
あー…たしかにそんな感じかなーというのが感想ですwww^p^
でもたまに一日に二回更新することもありますし、
数字で決定ってわけではありませんよー(`・ω・´)
だってこの記事だって前記事から一日しか経ってませんし。

…何言ってるかわからんだろうが俺も何いってるかわからん。
この記事はなかったんや(ry
そしてなんやかんやで星3つ~2つをキープしてますね…
青鬼さんに感謝です←

コメント返信
ネ兄 60,000アクセス 
(*^Д^*)【ネ兄】q( *^Д^*)【ネ兄】三 ヾ( *^Д^*)ノォメデト♪ 

ほぼ毎日見に来てるから、更新がんばってええ
2012-04-30 00:17:2960000アクセス…突破!!ありがとうございます!-うは
ありがとうございます! ほぼ毎日ですか…!
うおお、テンションあがってきた!これからもよろしくお願いします! 
(*´ω`*)ウレシイ
いつのまにやらそんなに!おめでとうございますー! 
自分には絵文字のスキルなんて皆無なので、
文だけではありますが、これからも頑張ってください!
2012-04-30 02:39:2160000アクセス…突破!!ありがとうございます!-緑のヒゲ
気持ちの伝え方なんて人それぞれだからこそ嬉しいんですよw
ありがとうございます!
 
10000より100000に近くなったので桁を一つ増やしてみました。
なんというか感無量。 本当に有難うございます。
これしか言ってない気がしますが、本当に嬉しいのです。
うおおおおああああ!って叫びそうですwwwうぇww

ではーノシ 

さあ皆さん、左上のブログパーツを見て下さい。
そこには何があったでしょうか。

そう、なにか数字が並んでいますね。回覧者の方は
「正直どうでもいい数字」と思っている方が多いと思います。
しかし、その数字は一人だけとても大事だと感じてる人が居るのです。
それが「ブログ主」なるものです。
もしこの数値が低ければ低いほどやる気は低迷し、
更新さえ面倒臭がっていたでしょう。
今、この『100アクセス/毎日』ができているのは
今見ているあなたがいてくれているお陰です。 
そして、その数字を維持させていただいているのも、今見ているあなたのお陰です。 
又、ブログの記事にコメントをして下さっている(下さった)
・t.h   ・シャックス  ・のふまん  ・あみ☆
・青鬼w   ・偽りの仮面  ・ヒマ人  ・はる
・青鬼プレイヤー  ・パパイヤ  ・緑のヒゲ
・青龍   ・鈍感  ・伝説の美少女  ・オレサマサ
・어린이 네요  (・うた  ・ななし) ・はてなくん
・ケビン  ・名無し   ・我喜歡   ・ででで
・マタボクサ ・名無し@   ・うはは  ・KA
・^p^  ・霊夢は俺の○○わウ  ・ねのぴさん
【見やすくするため敬称略です。ご了承ください。
 又、順番は左上から右上への順でコメントの早い順です。】
本当にありがとうございました!!!!(カッコの中を除く)
本当に有難うございます!
これからも『雑な談話ブログ、略して雑談ブログ。』をよろしくお願いします!

記念ー
ただの落書きですが…本当に有難うございます。
勢い余って書いてしまいました。
なにを書いたか分かりますか?

分かりませんよねw

正解は、「ポケットモンスター金銀」主人公もどきでした

顔は金銀 服装は赤緑青をイメージしたものです

手抜きとか言わない。

突然ですが、
僕の上げた動画に、
僕ごときが上げた動画に、たっくさんのコメント、本当に有難うございましたあ!
中には500以上の再生の動画も…
本当に涙が出るほど嬉しいです!
これからも動画を作っていくので、どうぞよろしくお願いします!!
本当に有難うございます!
どうぞこれからもよろしくお願いします!!(`・ω・´)
ブログの方もしっかり更新していきます。
見捨てないでください!w

結構前に投稿した青鬼シリーズが…なんと!
444再生もしていただきましたwなんという不吉…

ひろし「あの青い化物はなんだったんでしょう…」
たけし「取り合えずあの化物は俺の夢の中からは消えたぜ…!」
卓郎「じゃあもう一回胆試ししにいくか?」
美香「それは私達にシネ(・∀・)って言ってるものよね。」
ひろし「しかしですね、あの館の前を通りかかった時があったんですよ…」
卓郎「よく生きてたな」
ひろし「中に入ってませんから。」
たけし「で、なんなんだ?」
ひろし「なにか僕達が入って脱出したルートが無くなってるんですよ。」
美香「まさか…」
卓郎「あの青い化物が?」
ひろし「そして僕達が入った別館がもう一個あったんです。」
たけし「鬼みたいだな…あの青い化物。」
美香「どの辺がなの?」
たけし「力といい、知能といい、だよ。」
卓郎「青鬼、といったところかな。」
ひろし「青鬼…」
美香「青鬼?の正体は結局なんだったのかしら?」
卓郎「そうだな。俺は図書室の本を見てたが一冊たりともその化物に関係する本は無かった。」
たけし「そういえば一番館を走り回って全裸の巨人から逃げてたのはひろしだよな。」
ひろし「…いくつか、壁にかかっている肖像画を見ることは出来ました。」
美香「つまり、青鬼には家族が居たってこと?」
ひろし「その可能性が非常に高いですね。そしてベッドも合計7個以上はあったはずです。詳しくは数えられてませんが…」
卓郎「…まだまだ謎は深まるばかりだな。」
たけし「どうでもいいが、帰ってマリオ●ーティしたいんだが」
美香「貴方は折角黙ってたのに又それなの?」
卓郎「お前はあんなに命がけで逃げたのがマリ●に負けるんだな。」
ひろし「皆さん盛り上がってますがまだ6時間目が有りますよ。」
卓郎「本当かよ!ひろし!うわぁ…」

お疲れ様でした。以上です。 

このページのトップヘ